美容液成分でメイクを落とせるものを選びましょう! 石油系界面活性剤やアルコールを配合していないもの...

高保湿なメイク落としを見分ける方法とは?

美容液成分でメイクを落とせるものを選びましょう!
石油系界面活性剤やアルコールを配合していないもの
>肌の水分を奪う、石油系界面活性剤や、アルコールを配合していないクレンジング剤を選びましょう。刺激が強い・脱脂力があるものは、汚れとともに皮脂を取りすぎてしまうことが上げられます。肌を保湿しながら汚れを落とせる、美容液成分が配合された、低刺激なものがおすすめです。

ダブル洗顔が必要ないもの
保湿を重視するなら、ダブル洗顔が必要ないクレンジング剤がおすすめです。クレンジングで角栓や毛穴の汚れを落とした後に、また洗顔をするのは、必要な皮脂をも取りすぎてしまうことになります。肌が乾燥するので、乾燥を防ぐために過剰に皮脂が分泌され、毛穴も開きやすくなります。汚れもつまりやすい肌になるので、ダブル洗顔不要のものを選びましょう。

浸透力に優れた保湿成分を配合しているもの
メイクをしっかりと落とすために、浸透力に優れた保湿成分を配合しているクレンジング剤を選びましょう。美容液成分で汚れを浮かして吸着し、洗い流す事で、古い角質が除去された柔らかな肌になる事ができます。よって、化粧水や美容液が肌に浸透しやすい状態になります。角質層をうるおいで満たし、保湿されることで、メイクオフ後の美肌を保つ事ができます。キメも整うので、化粧崩れも少ない肌を作ることができますよ。